専門家に教わることが大事だと思うのです。

私の勉強スタイル

「世界の原油価格は、どうしてこんなに激しく変動するのですか?」。と問われて、わりかしまともな答えを返す必要がある場合、あなたならどうしますか?
インターネットで調べまくる。書籍を購入して勉強する。たしかに、正しい答えが返せるかもしれませんが、かなり時間が掛りそうですよね。
私なら、できることならその分野に詳しい専門家に話を聞きたいです。その上で、テキストを読んで肉付けしたいです。

まったく予備知識のないことを、書籍のページをめくって頭の中に構築する作業は大変です。手っ取り早いのはやはり、専門家に聞くことです
初学者のみなさんにとっての宅建の学習も同じことです。市販のテキストだけで独学をするより、専門学校へ通い、宅建試験の専門家の講義を聴いた方が、はるかに時間を効率的に使って勉強できるわけです。

私は仕事の都合もあり通学はできませんでした。しかし仲介の仕事はしているとはいっても、指南役のいない独学は不安でした。よい指南役(DVD講義)のいる通信講座を探していたところ、フォーサイトを知りお世話になることにしました。

通信講座のサンプル教材を何社か取り寄せ、フォーサイトに決めた理由は、フォーサイトのビデオ教材(DVD)が、一番講義のテンポが速かったからです。1時間あたりの密度が濃い感じがしたのです。講義についていくのにある程度のテンションも必要で、これならやる気も出ると思ったからです。講師の話もポイントをついています。

1か月間はDVDを観ながら基本テキストの勉強をしました。どうお伝えしたらいいでしょう、たぶん、「予習をしないでそのまま教室の授業を受ける」というのが適切なような気がします。それでいいのです。いきなりDVDから入って、テキスト開きながら1時間DVDを観たら、教材に含まれているチェックテストを解いてみる。それを続けるだけで、基礎知識はかなり頭に入ってきます。

予想以上に効果があったのは、過去問集のCD教材でした。過去問中心の勉強は私の6か月の勉強期間のうち4カ月を占めています。往復1時間半の通勤時間もトータルすると150時間くらいになります。電車内ではCDを聞きながら、耳と頭の中だけで過去問を解いていました。問題集を開くのではなく、音で聞いていると、過去問の設問そのものがある程度まで頭に入ってきます。そのことが大きかったように思います。

時間とお金に相談することになりますが、できることであれば専門学校や通信講座を利用することをお薦めします。専門家に聞くことができる学習効果はやはり絶大です。

みなさんのご健闘をお祈りしています!